頻尿の要因として人それぞれで違いますが、その原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の中に男性特有の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)として前立腺肥大が要因で起きる頻尿と言ったのがあるそうです。また、特に女性に多いのが尿道の括約筋が弱くなることで起きる腹圧性尿失禁です。このような場合には、手術を行うことがあります。尿道の括約筋が弱くなってしまうことで起きる尿失禁は、心理療法や尿道括約筋を訓練(警察官や消防署員など、特別な職業に就くために受けることも少なくありません)することである程度は改善の見込みがありますが、重度の場合には手術をしなければ改善の見込みがないこともあるみたいです。腹圧性尿失禁の場合、手術による治療効果は大変高いものです。手術自体はそれほど困難なものではなく、約30分で済ませられる手術ですから、思い切って手術で治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)した方が良い可能性があるのです。一方、男性に特有の前立腺肥大が原因で起きる頻尿は、手術でなければ改善できません。年をとると前立腺は肥大する傾向があるので、年齢の高い男性に多い症状です。肥大した前立腺の圧迫によって妨げられている尿の排泄が要因で起きる頻尿(過活動膀胱が原因のこともあるようです)は、その肥大して尿道を圧迫している前立腺を小さくしなければ改善は見込め無いと思います。しかし、一度肥大した前立腺を小さくする事は出来ませんから、手術によっては小さくするしか方法がないでしょう。手術後は残尿感や排尿時の痛みもなくなりますし、チョロチョロとしか出なかった排尿もスムーズに出せるようになるでしょう。手術は大体約一時間度で済ませられますから、やはり思い切って手術を行った方が良いでしょうー